福岡市城南区梅林の皮膚科・美容皮膚科

平日 10:00-17:00 ⁄ 土曜 10:00-14:00(完全予約制)

092-874-3711

menu

シスペラWEBセミナー 終了しました

昨日は、医師&スタッフ向けのWEBセミナーでお話させていただきました。

レフ板効果を狙って、白いシャツにしました。笑

スタッフがアイロンかけてくれたのに、なぜかもうシワくちゃ💦

この程度じゃレフ板効果なんてないのか、妙に画面に映った自分のほうれい線が気になりました😂

(絶対ハイフやると決めた・・・)

そして

上だけ着替えたので・・・

下は診察衣のままという😂

まあ、それはさておき。

 

セミナーの内容は「次世代の美白剤 システアミンクリーム(←シスペラ)」についてでした。

ごく一部ではありますが、少しだけスライドを載せてみます。

院内のご紹介。

 

安全で強力な美白剤:シスペラ。

導入して、実際に使ってみたうえでの効果の実感や課題。

そして導入当初、最も頭を悩ませたレチノール製品との併用(←基本的にはNG)についての経験。

そのあたりを、業者さんへの忖度なしに、正直にお話しました。

 

例えば・・・美白効果を実感できる早さ。

ゼオスキンのミラミンにはやっぱり劣ります。

それは単純に美白成分としてのハイドロキノンとシステアミンの効果の差ではなくて

配合されているグリコール酸(ピーリング作用)による相乗効果によるものだと考えられます。

だからミラミンがいい、というわけでもなくて。

グリコール酸が入っているために、乾燥肌や赤ら肌の方だと肌が荒れてカサカサしやすかったりします。

シスペラはその点、肌質を選ばず使いやすい利点があるし

レーザー前後のケアとしては、スポットで塗るのに少量タイプのHQダブルブライトEも重宝します。

 

結局のところ。

シスペラに限らずですけども。

しっかり医師が患者様の肌の状態をみて、適した美白剤を選ぶ必要があるってところに行き着くわけです。

 

そしてレチノール製品との併用。

ある程度の使用経験から、比較的安全に併用できるもの、少し注意が必要なものを具体的にお話させていただきました。

 

シスペラによる刺激症状は軽度の赤みやひりつきで、いわゆるA反応と類似しているので

レチノールと併用した時の刺激症状がシスペラによるものなのかA反応なのかは、厳密には区別できないと思います。

いずれにしても、そうした刺激症状は、

レチノールの種類だけではなく配合濃度、マイクロエマルジョン化といった肌への浸透性を高める加工、使用頻度といった条件に加えて、

使用者側の条件、つまり摩擦や日焼けダメージによる角質バリアの状態が影響していると考えられます。

 

製品ごとに併用できる・できないというよりも

これもまた結局のところ、使用者の肌の状態と現在使用中のスキンケアの内容を医師がしっかり把握したうえで

適切な組み合わせと使用方法(塗る量や塗る頻度など)を提案するべきだ、というところに行き着くかと。

 

個人的には、シスペラ単独使用の場合、テクスチャーの改善は早くに実感できますが

肝心の美白効果については非常に緩徐でじれったく感じます。

なので私は、できるだけグリコール酸化粧品やレチノール製品との併用を推したい。

 

極論を言えば、ゼオスキンのセラピューティックのように

ある程度の赤み、乾燥、皮剥けを覚悟の上で治療して肌を変える!みたいに。

多少の赤みやひりつきが許容できる方であれば、刺激症状は出るものとして

シスペラとレチノールを併用するのは、ありだと思います。

少なくともセラピューティックほどの激しい刺激症状は、私は経験ありません。

 

 

今回は、シスペラとレチノールの併用にテーマを絞って深堀りしてみました。

嘘偽りのない、忖度ない、臨床経験からの実感・考察を率直にお話したつもりです。

チラホラと、お褒めの感想をいただいて胸をなでおろしています。

 

少しばかりでも、聴いてくださった皆さんのお役に立てていれば良いのですが・・・💦

よろしければインスタ投稿へのコメントやDMでご感想いただけると嬉しいです。

 

 

ちなみに先日。

たまたま、とある女医さんのインスタで

私のインスタ(ブログ)のシスペラ使用感や使用上の注意をまんまパクッているのを見つけました。

私独自の表現や言い回し、文の構成ですぐ分かりました。

さもご自分で使ってみた感想のように投稿されていましたけど。

気分の良いものではないですね。

 

シスペラに興味をお持ちの方に伝わるように

実際に真剣に試してみて、自分の言葉で本音を綴った文章には、私の愛がこもっているわけで。

それをシレッと転用するのは泥棒です。

 

まあ、それくらい参考になる内容だったのだと、前向きに捉えておきますが。

 

セミナー終了後は、もちろんビールとハイボールをがっつりいただきました。笑

 

🎀お知らせ🎀

美肌レシピ本の発売されました🙌🏼

美味しく食べて「健康」と「美肌」を目指しましょう💪🏼

Amazonでご購入いただけます。

よろしくお願いします🙇🏻‍♀️

 

 

 

ブログランキング

ランキングに参加してます。

順位が上がると励みになります💕

ぜひポチっとクリックお願いします😊

 


美容皮膚科ランキング

にほんブログ村 美容ブログ 美容皮膚科へ
にほんブログ村

 

オンラインショップはこちら🙆

🌸オンラインショップでのご購入の流れを詳しく説明しています。→★★★

 

★人気記事★(直近1ヵ月)

・ヴェルベットスキン(ダーマペン+マッサージピール)3人の経過

・ガウディスキンとゼオスキンのセラピューティック比較

・トラネキサム酸とミラミン単独の効果

・シスペラが危険だという噂が・・・

・不動の人気『ライムライト』の効果とシミ浮き

 

LINE登録のご案内

LINE限定キャンペーンやモニター募集、先行販売のご案内などしています。

下記をタップして、友達追加後、トークからメッセージとお名前を送信してくださいね。

※ご質問、お問合せ以外のメッセージには特に返信はしておりませんが
フルネームを送信していただけると、以後のお問合せ等々の際にスムースです。

※LINEでのご予約は、日にちに余裕を持ってご連絡ください。
(できれば1週間前までに)

 

★各種SNSはこちら

施術動画は、このブログには直接貼り付けられない仕様なので
基本的にインスタに掲載することが多いです。
ぜひご参考になさってください。

 

♡ ♡ ♡ ♡ ♡

福岡市城南区の美容皮膚科ならタケダスポーツクリニック美容皮膚科

福岡都市高速「堤」または「野芥」出口から約5分 ★Googlemapはこちら

この看板が目印↓↓↓ 駐車場完備

← 記事一覧へ

武田りわ

医療法人TSC タケダスポーツ・ビューティークリニック
皮膚科・美容皮膚科 医師

CATEGORY

レシピ本「食べて美肌になる糖質控えめご飯」

美肌に必要なのは、栄養を足すこと。
食べるスキンケアで美肌を手に入れるための糖質控えめレシピ本を、
武田りわ医師が執筆しました。

武田医師が出版に寄せた想い
Amazonの商品ページを見る

ご自宅でもしっかりとケアをしていただけるよう、
美容皮膚の専門医が選んだ商品の販売を行っております。

お肌は、場合によっては施術をすることもちろん必要ですが、日々のケアが非常に大事です。院内では、美容皮膚の専門医が選んだスキンケア・化粧品・サプリメントをご用意しております。来院されるお時間が取れない方も、お電話(092-874-3711)でのお申し込みにて販売を行っております。在庫についてのお問い合わせも承っておりますので、ぜひお気軽にご連絡ください。

ENVIRON

当院では、健やかなお肌を保つための上質なスキンケア商品を提供しているENVIRONとパートナーシップを結んでおります。

オンラインショップ

オンラインショップ view

ゼオスキンヘルス・エンビロン・ラロッシュ ポゼをはじめとする各種メーカーの商品やりわDrセレクトコスメ・セレクトサプリ等を販売しています。

ドクターブログ

ドクターブログ view

医師 武田りわが、プライベートや、皆様の日々のお肌のケア・最新の美容情報について発信しています。

スタッフブログ

スタッフブログ view

タケダスポーツ・ビューティークリニック 皮膚科・美容皮膚科のスタッフブログです。クリニックからのお知らせを掲載しています。

LINE

LINE view

ご予約、お問い合わせはLINEからも受け付けております。(返信は、診療時間中のみとなります)

公式インスタグラム

公式インスタグラム view

タケダスポーツ・ビューティークリニック 皮膚科・美容皮膚科の公式インスタグラムです。スタッフからのお知らせや日々のケア方法などをご紹介しています。

タケダスポーツ・ビューティークリニック 整形外科・リハビリテーション科

タケダスポーツ・ビューティークリニック 整形外科・リハビリテーション科 view

当院は、整形外科・リハビリテーション科を併設しています。単なる怪我の治療のみではなく、競技に復帰することを第一に考えています。お気軽にご相談ください。

診療時間

曜日
時間 10:00-17:00 10:00-14:00

平日 10:00-17:00 ⁄ 土曜 10:00-14:00
(完全予約制)

※日曜・祝日は休診です。
※当院は完全予約制です。事前にお電話にてご予約くださいませ。
※学会等で臨時休診をいただく場合もあります。