福岡市城南区梅林の皮膚科・美容皮膚科

平日 10:00-17:00 ⁄ 土曜 10:00-14:00(完全予約制)

092-874-3711

menu

キズの正しい治し方(閲覧注意画像あり)

お子様のいらっしゃるご家庭に朗報(⁉)

今日・明日(4月26・27日)配布される西日本新聞発行のフリーペーパー“ファンファン福岡”

キズの正しい治し方について書いております✏

わんぱくなお子様がGWに走り回って怪我をしても

これを読んでおいていただけたら慌てずにすむかも⁉

 

福岡都市圏ではかなりの範囲でポスティング配布されているフリーペーパーですが

もし配布地区外(実は我が家も配布されません😂)の方は、WEBでも公開されてますので

ぜひチェックしてみてくださいね⇒★★★

 

どれだけ洗浄が重要で

どれだけ消毒が不要なのか

ちょっと極端な例ではありますが

反省を込めて、長男のケースをご紹介します。

まずファンファン福岡の記事から過去コラム(karte.10~12)に飛んで読んでもらってから

下記の経過を見ていただいた方が

より内容を理解できるかと思います。

※閲覧注意。
 かなりエグイ写真が続きます。
 苦手な方はここで閉じてくださいね。

「長男がどうした❓❓❓」と思われた方はコチラ⇒★★★

まずは

足の手術創の抜糸時の写真。

ここまでの経過も決して順調とはいえず

写真でも分かるように周囲に少し発赤(←感染のしるし)があるし

一部血行不良で潰瘍も形成していたので

予定より早めに抜糸(←糸が異物になって悪影響を及ぼすので)しました。

今思えば、ここでもう少し慎重に対応するべきだったんですが(猛省)

始まったばかりの中学&寮生活に早く馴染ませることを優先して

抗生剤だけ飲ませて寮に帰したのです😭

あとは、感染であればこれだけ赤いと痛いはずなのに

熱感もないし、押しても痛がらないので

手術時の剥離操作の影響がまだ残っているのかな・・・と

身内ならではの希望的観測に押しやられ、冷静な判断ができていなかったことも大きな原因。

で、できるだけ簡単な処置にしようと

キズパワーパッドと同じ素材の創傷被覆材

↑↑↑
こういうやつ。

を貼るという処置に変えたわけです。

これが痛恨のミス。

まさに、コラムのkarte.12の最後に書いてある

サランラップやキズパワーパッドを使ってはいけないケースに使ったわけです💦

 

感染が怖いことはずっと言い聞かせていたし

何より洗うことが大事だと

ビビる本人を前に、毎日一緒にシャワーで洗ってしつこいくらい教えていたし

被覆材は白くブヨブヨしてきたら交換というのも何度も説明したから

意外としっかり者の長男なら、きっと大丈夫・・・と

ここでも身内ならではの希望的観測を発揮してしまいました💦

 

しょせん、この前までランドセルしょって小学生だった子。

いきなり自分の足にこんな大きな傷ができちゃって

新しい学校、新しい生活、初めての寮で

いいかげん不安と緊張でいっぱいなのに

ちゃんとした洗浄なんてできるわけがありません。。。

おそらくですが、入浴の際にお湯を吸って

とっくに白くブヨブヨになっていた被覆材を

交換することなく(つまりは洗浄せずに)貼りっぱなしで数日。

 

たまたま息子さんに面会に行っていた友達に写メを送ってもらったら・・・

※閲覧注意

 

ガーーーーーーーーーーン😱

抜糸から、わずか4日後でこの状態。

潰瘍は広がり、色も悪いし

皮膚は浸軟(長時間の多湿環境による)して白くなってるし

周りの発赤の範囲も拡大😱

急遽、夫が寮まで往復してくれて

処置も変更しましたが・・・

後から聞いてみるとその後もスプレーボトルでチョロチョロしか洗ってなかったみたいで・・・

さらに4日後。

※閲覧注意

 

完全にアウト。

強制送還。

緊急入院。

入院当日の夜、ビビッて半泣きの長男を強引にシャワールームに連れていき

十分な水量と水圧で洗浄。

その翌朝。

洗うだけで、ここまで違うんです。

洗って除去した浸軟皮膚は古い角層。

元々は皮膚ですが、あんな状態では異物でしかありません。

異物というのは、細菌の巣、温床になります。

「洗う」意味は、細菌そのものを減らすとともに

細菌の巣になる異物を除去することにあるのです。

そのためには十分な量の水と十分な圧が大切。

ケルヒャー高圧洗浄機をイメージしてもらうといいかも。

 

水をチョロチョロ出して洗っても

それは洗浄の役目を果たしていなくて

ただ湿らせているだけ、というのが分かりますよね⁉

 

さて。

毎日洗浄して、抗生剤を点滴投与した長男。

入院から3日後の写真。

 

7日後の写真。

だいぶ綺麗になっています。

(左下の線状の潰瘍は、ポケット形成していたので中縫いの糸を抜いて不良肉芽をデブリしてます。
・・・といっても意味不明だと思いますが、専門的な話なのでお気になさらず😅)

ここまで、消毒薬は一切使っていません。

 

お伝えしたいのは

表面にくっついているだけの細菌(これは感染とは言いません)なら

十分な洗浄だけで問題ないということ。

逆に、深くまで入り込んで増殖している細菌(=感染)は

いくら表面を消毒しても殺せません。

血液中から患部全体に抗生剤が行き渡るように全身投与(内服または点滴)が必要。

だから消毒の出番はなし。

 

例えとしては強烈過ぎるケースですが(苦笑)

日常生活で遭遇する怪我でも基本は同じで

洗う

乾かさない(ただし感染がない場合)

消毒しない

感染を起こしたときは抗生剤の投与

ぜひ覚えておいてくださいね👌🏼

 

ハードな写真にお付き合いいただきありがとうございました😂

 

同じテーマの記事⇒「アサデス」放送後記

スタッフ募集中

一緒に働いてくれる看護師を募集中です😍

詳細は担当:西島までご連絡ください📞

092-874-3711

ブログランキング

ランキングに参加してます。

春休みで少しサボってたら一気に転落😭

よければポチっとクリックお願いします😊

にほんブログ村 美容ブログ 美容皮膚科へ
にほんブログ村


美容皮膚科ランキング

LINE登録のご案内

LINE限定キャンペーンやモニター募集、先行販売のご案内などしています。

下記をタップして、友達追加後、トークからメッセージとお名前を送信してくださいね。

※ご質問、お問合せ以外のメッセージには特に返信はしておりませんが
フルネームを送信していただけると、以後のお問合せ等々の際にスムースです。

※LINEでのご予約は、日にちに余裕を持ってご連絡ください。
(できれば1週間前までに)

 

 

★各種SNSはこちら

↑ ↑ ↑最新キャンペーンなどは、私のブログよりスタッフブログ(アメブロ)が確実(笑)

♡ ♡ ♡ ♡ ♡

福岡市城南区の美容皮膚科ならタケダスポーツクリニック美容皮膚科

福岡都市高速「堤」または「野芥」出口から約5分 ★Googlemapはこちら

この看板が目印↓↓↓ 駐車場完備

← 記事一覧へ

武田りわ

医療法人TSC タケダスポーツ・ビューティークリニック
皮膚科・美容皮膚科 医師

ご自宅でもしっかりとケアをしていただけるよう、
美容皮膚の専門医が選んだ商品の販売を行っております。

お肌は、場合によっては施術をすることもちろん必要ですが、日々のケアが非常に大事です。院内では、美容皮膚の専門医が選んだスキンケア・化粧品・サプリメントをご用意しております。来院されるお時間が取れない方も、お電話(092-874-3711)でのお申し込みにて販売を行っております。在庫についてのお問い合わせも承っておりますので、ぜひお気軽にご連絡ください。

ENVIRON

当院では、健やかなお肌を保つための上質なスキンケア商品を提供しているENVIRONとパートナーシップを結んでおります。

ドクターブログ

ドクターブログ view

医師 武田りわが、プライベートや、皆様の日々のお肌のケア・最新の美容情報について発信しています。

スタッフブログ

スタッフブログ view

タケダスポーツ・ビューティークリニック 皮膚科・美容皮膚科のスタッフブログです。クリニックからのお知らせを掲載しています。

LINE

LINE view

ご予約、お問い合わせはLINE@からも受け付けております。(返信は、診療時間中のみとなります)

ENVIRON

ENVIRON view

当院では、健やかなお肌を保つための上質なスキンケア商品を提供しているENVIRONとパートナーシップを結んでおります。

スポルトキッズ

スポルトキッズ view

タケダスポーツ・ビューティークリニック 皮膚科・美容皮膚科は、「生きる力」を伸ばすアフタースクール・学童保育、スポルトキッズを応援しております。医師 武田康志(整形外科)が代表を務めています。

タケダスポーツ・ビューティークリニック 整形外科・リハビリテーション科

タケダスポーツ・ビューティークリニック 整形外科・リハビリテーション科 view

当院は、整形外科・リハビリテーション科を併設しています。単なる怪我の治療のみではなく、競技に復帰することを第一に考えています。お気軽にご相談ください。

診療時間

曜日
時間 10:00-17:00 10:00-14:00

平日 10:00-17:00 ⁄ 土曜 10:00-14:00
(完全予約制)

※日曜・祝日は休診です。
※当院は完全予約制です。事前にお電話にてご予約くださいませ。
※学会等で臨時休診をいただく場合もあります。